オーディオデバイス設定

DAC設定とオーバーサンプリング

Audirvanaで音楽を再生する機材を選ぶ際は、デジタルデータをアナログの電気信号に変換してスピーカーを駆動するDAC(Digital-to-Analog Converter)を選択する必要があります。DACは音質を左右する重要な要素です。例えば、コンピューターのヘッドフォンジャックを通して聴く場合、"統合出力"と呼ばれるコンピューター内蔵DACを使用します。外部機器に出力する場合は、DACにデジタル信号を伝送してアナログに変換されることになります。

 

DACの品質にもよりますが、多かれ少なかれ正確で、特定のフォーマットや高解像度を対応し、オーバーサンプリングなどリアルタイムで一貫した計算を行うことができます。

 

デフォルトの設定は、一般的に満足できるものだが、ファイル形式を問わずシステムの音質を最適化するためAudirvanaにお使いのDACの技術情報が正確に渡していることをご確認してください。そして、DSDまたはMQAフォーマットをサポートしているかどうか、最大サンプリングレート、許可されている解像度を指定してください。このようにAudirvanaは、コンピューター処理に必要だけのものを厳密に限定し、適応またはすでにデコードされた情報を送信することで、DACの最大パフォーマンスを得ることができます。

 

近日、市場で販売しているDACは、極めて高い周波数のスイッチング原理で動作して数ビットだけの分解能力を持っています。それらのDACは、信号を体系的にオーバーサンプリングし、限られたコンピューター能力と多かれ少なかれ効率的なアルゴリズムで動作します。DACの処理負荷を調節するには、Audirvanaの設定でコンピューターの高計算能力と高性能アルゴリズム(SoX)を使用して、アップストリームでオーバーサンプリングを実行することができます。

UPNP/DLNA

Audirvanaは、品質の劣化がなく普遍的に受けられているUPnPまたはDLNAプロトコルを利用して音楽ファイルをワイヤレスシステムに送信しています。この特許権が無料のプロトコルは、複数のデバイスが同じネットワーク上(WiFiネットワーク上でワイヤレス通信、有線でイーサネット、PLC)でオーディオを含むファイルの共用または再生することが可能になります。

 

この構成では、DLNAが音楽を変換して再生する「メディアレンダラー」と呼ばれるものが、コントロールポイント(通常コンピューター)を使用して「メディアサーバー」上からファイルを取得します。Audirvanaは、ファイルを事前にデコードするため、コントロールポイントとアドホックメディアサーバーの役割を果たしています。つまり、レンダラーは、Aurdirvanaをファイルプロバイダーと見なし、必要な処理作業の実施を許可しています。

AudirvanaのDAC設定を確認

Audirvanaには、MQAファイル(Master Quality Authenticated)用のデコーダーが内蔵しており、PCMフォーマットでストリーミングやダウンロードに適した小さなファイルでハイレゾ品質を再現することが可能になっています。

 

「MQAデコーダー」DACは、すべてのデコード処理を行っています。お使いのDACが"MQA Renderer"の場合は、デコードがAudirvanaとDACの間で共有されます。どちらのオプションも最適な品質を得ることができます。

 

一般の場合は、ソフトウェアが自動的に設定を選択するが、仮にMQAレンダラーやデコーダーDAC(メーカーのウェブサイトをご確認)でMQAを再生する設定をしているのであれば、AudirvanaがDACを十分に認識されているかどうかを確認する必要があります。

 

1 - スピーカーアイコンをクリック

次に、デバイスのすぐ右にある矢印をクリックして、Audirvanaのオーディオ設定にアクセス

 

2 - 正しいDACモードを選択

次に、お使いのDACがMQAデコーダー或いはレンダラーに応じてAudirvanaを設定

 

3 - いるいるなオーディオ設定をお試す

アップサンプリングオプションを利用して、システムに最適な設定をお試してみてください。

  

まずは「2の力(例:x2、x4)」のアップサンプリングオプションから始めることをお勧めします。

UPnP / DLNAの再生は、アップサンプリングレートが高ければ高いほど、高い帯域幅が必要になることをご注意ください。

 

お使いのDACは、MQAに互換性がなくとも、Audirvanaの内蔵デコーダーでファイルを読み取ることができ、上半分の高解像度信号の展開を含めハイレゾ体験を楽しむことができます。

 

弊社と事業提携をしているTIDAL社は、標準(緑のドット)とスタジオ認証(青のドット)のMQAファイルを無料トライアルも提供しています。

このウェブサイトでは、クッキーを使用しています。