HDライブラリマネージャー

Audirvana は、ローカルミュージックライブラリを管理し、オーガナイズできる理想的な
ソリューションです。
あらゆるオーディオ形式との互換性を有し、さまざまなソースフォルダと同期することが可能です。手動、あるいは自動のオンライン検索で不足なデータを検索し、音楽情報を表示したり、更新したりすることがきます。 

同期によるマルチアクセス

あらゆる場所に置かれたファイルやフォーマットにアクセスできます。
すべて即時にアクセスできます。

マルチチャネル、DSD、MQAを含めたHDオーディオ形式のサポート

同期化によりiTunes /ミュージックを含めた音楽フォルダへサイズ無制限でアクセス

ドラッグ&ドロップで新しい一時的な
トラックをプレイリストに追加
保存されたコピーや元のオーディオファイルを変更することなく再生トラックを読み込む
一貫したサウンドレベルの再生のための
フォルダファイルの再生ゲインを計算

新しい拡張的なメタデータエディタ

かつてなく手軽に音楽のすべてを把握できるようになりました。

メタデータベースがより高速表示ならびにナビゲーションを実現
ツールバー内メタデータウィンドウの表示&編集

ライブラリ内の不足メタデータを回復

クラシック音楽情報フィールド
アーティスト&アルバム ビュー

Audirvanaは、全オーディオ形式をネイティブにサポートします。サポート形式には、WAV、AIFF、FLAC、ALAC、MQA、DSDといった、音楽専門家や愛好家に好まれるマルチチャンネルも含まれます。DAC以外の解像度制限がなく、通常32ビット、768 kHz(またはDSD512)のサンプリングレートを有します。


Audirvanaは、保存されている場所から音楽をフェッチします。 音楽プロセスの追加を簡単にしたAudirvanaでは、新しいファイルをプレイリストに直接ドラッグ&ドロップできるようになりました。


永続的な追加方法として、設定の「ローカル」メニューから音楽を含んだ各種フォルダを同期することができます。 Audirvanaは、起動の度にライブラリを自動的に更新します。 Macユーザーは、お使いのiTunesミュージックライブラリを同じ方法で同期することもできます。 フォルダは、コンピューターに直接保存するか、USBまたはネットワーク経由で接続された外付けハードドライブ(NASなど)に保存することができます。


保存されたファイルは、そのままの状態で維持されます。 Audirvanaは、メモリに保存することなく、その場で再生ファイルをコピーして処理します。 選択された場合に、アプリ内でファイルのメタデータのみが変更されます。


また、プレイリストでさまざまなトラックが再生される際に、音量がジャンプしないよう、リプレイゲインモードで各トラック間の音量が自動調整され、一貫した再生レベルを維持します。 この調整は、EBU R128ならびにDR規格を遵守し、各トラックのサウンドレベルリファレンスに基づいて行われます。 トラックのメタデータにおいてリファレンスが利用できない場合は、Audirvanaが計算代行を行います。 リプレイゲインは、弊社パートナーからストリーミングされた曲にも適用されます。これは、TIDALなどの情報が利用できることを条件に行われます。

メタデータは、オーディオファイルに含まれている音楽以外の情報(タイトル、アルバム、アーティスト、作曲家、年、カバーアートなど)を指します。 このメタデータは、音楽ファイルの閲覧、識別、および並べ替えに不可欠な要素です。


皆様の音楽体験を構築するために、メタデータにふさわしい位置づをしたいと思いました。 音楽体験に向けて刷新された新規メタデータエディタが、ツールバーに追加されています。選択/再生されたタイトルのメタデータを簡単に表示、変更、完成できるようになっています。 これには、クラシック音楽の特殊セクションとその関連情報(ソリスト、指揮者、アンサンブル、楽器、スタイル、時期)が含まれます。
データリカバリ機能も、利用できるようになりました。 この機能を有効にすると、選択したトラック、アルバム、アーティストの不足データがオンラインデータベース(画像を除く)で入手可能な情報を取得できます。ご希望に応じて、アプリは不完全/不正確な既存データをチェックして置き換えることもできます。


Audirvanaは、リカバリ機能が無効の際にファイルに新しいメタデータを追加できません。 ソフトウェアは、デフォルトのアルバム名のみを作成します(アルバムフォルダーの名前を使用)。 手動で行われたすべての変更が、Audirvanaデータベースと元のファイルに共に保存されるため、オーディオファイルと関連情報の保存が簡単になります。


ストリーミングサービスから再生した場合、トラックとアルバムのメタデータは表示に限られ変更することができません。 これらのデータは、音楽レーベルによって提供され多くの場合、カバーアート、タイトル、アルバム、アーティストに限定されています。 QOBUZなどの一部ストリーミングサービスでは、作曲家の名前をはじめとするはるかに多くのメタデータ情報が提供されています。


CDをリッピングする際は、CDリ​​ッパーを使用することで、情報欠如のCDをオンラインでメタデータを取得できます。 SACDをリッピングする場合、Audirvanaのメタデータを変更可能にするには、DSFまたはDFFファイルを生成してください。 Audirvanaは、データシートの編集を行いません。