コンピューターをHiFi
モードに切り替える

お使いのコンピューターは、Audirvanaの搭載によって真のハイファイオーディオ音源になります。コンピューターがオーディオ再生を優先し、システム(DAC)に可能な限り最短の経路ですぐに再生可能なオーディオデータストリームを供給します。Audirvanaは、すべてのオーディオ処理階層を最先端の実施を保証いたします。

オーディオ処理の流れをコントロール

完全なコントロール

Audirvanaは、コンピューターのオーディオ処理の流れを制御して、信号経路を最短化し、内部のビットパーフェクトな処理を保証いたします。それは内部オーディオミキサーをバイパスしているため、他のアプリケーションが鳴るイベントサウンドの影響で音楽のオーディオ形式への不要な変更を回避することができるからです。通常、コンピューターによるオーディオ再生は、一連の独立したタスクで構成されています。その信号は、受信とデコード後、異なるアプリケーションからのサウンドを組み合わせたオーディオ「ミキサー」を通過しています。このミキサーは、「最小公分母」ルールの基でオーディオサンプルの解像度を変更し、低電力アルゴリズムを使って音質劣化に加える定量化アーティファクトの余分なレイテンシーを回避しています。

Audirvanaは、干渉や損傷を避けるために、オーディオ機器の排他的なアクセスを確保し、出力コンバーターの特性に応じて操作回数を最小限に抑えています。そのため、フォーマットは、端から端まで変化することなく原型のままを維持することができます(ビットパーフェクト)。実施については、OSによって異なるがMacの場合、ミキサーを中和するために整数モードの計算(浮動演算ではなく)を設定する必要があります。Windowsは、WASAPIドライバーが排他的なアクセスをしているにしても形式の一貫性を保っています。

騒音低減

セットを更に静かに!

コンピューターとその周辺の電磁活動は、測定可能で可聴の影響について色々と議論することができます。さて、Audirvanaは、単にそれらを引き起こすものを可能の限り最小限にして、お客様にその違いをご体験していただきます。 


Audirvanaは、コンピューターの電源を安定化させ、プロセッサの動作をCPU負荷の0.5%まで最小限に抑えて、ジッターによるグリッチや発生可能な信号干渉を防いでいます。それを実現するためには、Audirvanaのプロセッサ使用が優先され、再生中にコンピューターの許可するタスクと許可しないタスク(MacOS:SysOptimizer、Windows:Fidelizerツール)の管理を可能にしました。Audirvanaは、拡張バッファメモリも動作し、再生前にオーディオ形式のデジタル処理とデコードを行っています。

デジタル情報は、コンピューター内で四角いアナログ電気波形として伝送し、電圧閾値の上下によって"0"または"1"と解釈されています。この音楽情報は、リズムで再生される場合(同期SPDIFまたはI2Sプロトコル)、制限付近の電圧のわずかな変動により、多少の信号変更がタイムシフトを引き起こさせます(デジタルジッターと呼ばれる)。 


そのようなエラーの原因には、2つの現象から引き起こしている可能性があります。それはコンピューターの電源からの電圧ジャンプと電磁干渉です。実際、コンピューターは、他の電気機器やUSB経由で接続されたデバイスと同様に、内部活動のピークにより電圧が急上昇することがあります。そして、プリント回路は、交流電流が流れるとアンテナや送信機として機能し、信号がアナログに戻るとDACの下流でさらに感度が高くなります。したがって、それらは外部の放射または内部プロセッサの高周波スイッチング放射から影響を受ける可能性があります。

DAC適応

チームスピリット

デジタル・アナログ変換器(DAC)は、信号をデジタルからアナログに変換してからスピーカーに送信します。DACは、システムの重要な要素であり全体のオーディオ音質を左右する大きな役割を担っています。それに、ソースとDAC間の相互動作を最適化することも非常に重要です。Audirvanaは、DACの特性を考慮しスピーカ側で実施されるタスクを軽減するため、常に「すぐに使える」オーディオストリーム、つまりPCM(またはDSD)ストリームをデコード済みの状態で送信しています。現今、ほとんどのDACは、内部で非常に高い周波数と低いビット深度で動作するが、このような変換自体がアップサンプリングを意味しています。コンピューターの処理能力は、DACが内蔵されている機能よりもはるかに高いため、Audirvana内で極めて複雑または要求が厳しいアップサンプリングアルゴリズム(SoX)を実行することができます。その上、コンピューター側から正確なデータを含む信号をDACに供給し、補間計算を容易にすることも可能になっています。