ボリュームコントロールとリプレイゲイン

Audirvanaは独自のデジタルボリュームコントロールを搭載しています。

ほとんどのデバイスには、アナログまたはデジタルのボリュームコントロールが付属しています。この機能がAudirvanaでコントロールできる場合は、ソフトウェアに自動的に調整可能なボリュームコントロールバーが表示されます。
そうでない場合は、デバイスのインターフェースを使用してAudirvanaの外で音量を調節することができます。または、オーディオ設定でAudirvanaソフトウェアのボリュームコントロールを有効にすることもできます。
Audirvanaは、お使いのコンピュータの演算能力を利用して音量調整を高精度に処理してから、データをデバイスに送信します。
デバイスの音量がフルスケール(0 dB)に設定されていない場合は、Audirvanaで処理された音量に加えて減衰が発生します。
この機能は、DACがUSB経由で接続されている場合のみに利用できるのでご注意してください。UPnP/DLNA経由で接続した場合は、ネットワークデバイスのバッファサイズが大きいため、この機能で対応できないレイテンシー(時間遅延)が発生します。

リプレイゲインで曲間の音量を調節

2つのオーディオファイルの録音レベルは、かなり異なることが多いが、各トラック間の音量を手動で調整する必要があります。

リプレイゲインを使用すると、Audirvanaではトラックの再生音量を自動的に調整して、プレイリスト全体を通してオーディオレベルを均一に保つことができます。これは、EBU R128規格に準拠したオーディオファイルのメタデータに含まれるラウドネス情報を使用して行われます。

リプレイゲインは、すべてのローカルファイルと、ストリーミングサービス業者がメタデータ*でこの情報を利用できるようにしているに適用することができます。それはAudirvanaのオーディオ設定の中にあります。

 

1 - スピーカーアイコンをクリック

次に、デバイスのすぐ右にある矢印をクリックして、Audirvanaのオーディオ設定にアクセス

 

2 - ボリュームコントロールを設定

ソフトウェアボリュームコントロールの有効/無効、およびリプレイゲインの最大音量制限を設定

 

3 - 正しいリプレイゲインモードを選択

アーティストが表現したいダイナミクスを維持するために、オプション"アルバムのダイナミクスを保存"で開始することをお勧めします。

 

一部のアルバムのラウドネス情報が不足している場合は、AudirvanaのアルバムReplay Gainアナライザーツールを使って、メタデータを作成し、Replay Gainを使用して再生することができます。

このウェブサイトでは、クッキーを使用しています。