オーディルヴァーナ・コア・ロゴ 060624

AudirvānaがLinuxで利用可能になりました

Audirvānaの品質と機能をそのままサーバーに。
新しいCore PlayerアプリをミュージックサーバーやNASにインストールすれば、パソコンを使わずにタブレットやスマートフォンから全てをコントロールできます。

アウディルヴァーナの全機能

アプリケーションには、Audirvāna独自の技術や機能がすべて組み込まれています。これには、オーディオプレーヤー本体、ライブラリ管理スイート全体、パートナーHDストリーミングサービス、オンラインラジオ、ポッドキャスト*の統合が含まれます。

*ただし、オーディオファイルのメタデータの編集と、イコライジングや音響処理のための信号処理の統合は、当面の間、例外となります。

すべてのLinuxベースのデバイスに対応

Core Playerアプリは、ミュージックサーバーやストレージサーバー、NAS(QNAP/Synology)で最も頻繁に使用されるLinuxオペレーティングシステム上で動作しますが、十分に強力なプロセッサを搭載したコンパクトなデバイスでも動作します。IntelやARMなど、さまざまな環境に対応したパッケージが用意されています

 

具体的には、Audirvānaは、特定のパートナー・ブランドの場合、ミュージック・サーバーにプリインストールすることもできるし、NASやミュージック・サーバー(OSにアクセスできる場合)、その他の互換性のあるデバイスに、自分で(またはインストーラーの助けを借りて)ダウンロードしてインストールすることもできます。

モバイルアプリですべてをコントロール

このアプリはいわゆる 「ヘッドレス 」で、独自のインターフェースを持ちません。インストールは別として、AndroidとiOS用の無料モバイルアプリAudirvāna Remoteから完全にコントロールすることができます。

グラフィカル・インターフェースを持つデバイスの中には、Linuxソケット経由でソフトウェアとやりとりできるものもあります。

オーディルヴァーナ・コア・ロゴ 060624

Audirvāna StudioまたはOriginで動作

Core Playerアプリは、Audirvānaアカウントと有効なStudioサブスクリプション、または最新のOriginライセンス*があれば使用できます。

グラフィカル・インターフェースを持つデバイスの中には、Linuxソケット経由でソフトウェアとやりとりできるものもあります。

*2024年6月以前に販売されたOriginのMac版とWindows版の第1世代ライセンスは、現在の価格よりも安い価格で販売されていました。このライセンスをお持ちの方は、Linux版へのアクセスと将来のアップデートを含むアップグレードオプションを購入することができます((価格をご確認ください)。

システム要件

リナックス

Intel 64ビットまたはARM 64ビットプロセッサー

最小1 GBの利用可能RAM

推奨: 4 GB (DSDアップサンプリング用)

Debian または RPM パッケージ