専門家の声

ミゲル・オクターブ(Miguel Octave)

オーディオビジュアル・ディレクター
ミゲルは、ARTE、パリ・オペラ座、Victoires du Jazz Awards、テレビ番組Taratata、NRJ Music Awards、Mawazine Festivalなどのライブパフォーマンスをプロデュースし、撮影してきました。
 

印象的なのは、Audirvānaの進化のたびに、常に

はっきりと聞こえるようになりました。そしてAudirvānaは、私をより厳しくしてくれました。

音の修正よりも、音楽のニュアンスや繊細さを大切にしています。

インタビュー

ミゲル、あなたの職業をどのように定義しますか?

私はオーディオビジュアル・ディレクターです。音楽を愛し、熱狂し、収集する者として、コンサートの記録や音楽ドキュメンタリーの制作にますます力を注いでいます。私は何よりも、アーティストのパフォーマンスに干渉したり、重ね合わせたりすることなく、解釈の中で心に響くものを伝えることを目指しています。私にとって映像は、演出家ではなく、アーティストのパフォーマンスを際立たせるためのものなのです。毎回、スリルがあります...ここで、2018年2月に偉大なディディエ・ロックウッドと制作したアル・ジャロウへのトリビュートを思い浮かべますが、彼はその10日後、放送の前日に亡くなりました:彼の最後の撮影されたパフォーマンスでした。あの夜、彼がステージ上とステージ外で私たちに与えてくれたものは、スタッフと観客の心に刻まれたままです。とても偉大な人ですね

あなたの人生において、音楽を聴くことはどのような役割を持っていますか?

私は音楽なしでは生きていけませんし、常に音楽を聴いています。その後、クラシックコンサートの録音を準備するために、同じ作品の異なるバージョンを比較することがよくあります。Audirvānaを使えば、もうケースや引き出しからCDを取り出す必要はありません。2回クリックするだけで、テンポの緩急や録音の別の表現など、芸術的な違いをすぐに確認することができます。

"実用的で音楽的にも優れた、真のモダンジュークボックスです。"

サウンドのクオリティにどの程度の注意を払っていますか?

私は真のオーディオマニアというよりも、「オーディオ化された音楽愛好家」と呼ぶべき存在です。だからこそ、自分が調べ尽くすまでは機器に執着することが多く......そして、他の機器に移ってしまうのです。中略)アナログの場合、その違いは簡単に数値化できますが、デジタルの場合、ニュアンスが微妙なだけでなく、何よりも、自然さ、流動性、音楽性などの言葉を使って、自分が何を聞いているのかを定義しなければなりません。

いつからAudirvānaを使用していますか? Audirvānaを見出した時、どのように感じましたか?

私が脱物質化された音楽に目覚めたのは、2012年にエソテリックのSA-50のデジタル入力を試してみたかったからです。しかし、コレクターとしては、レコード、CD、テープ、K7などのコンテンツにアクセスすることと同様に、オブジェクトを所有することが重要だったので、それは当然の結論ではありませんでした。しかし、MacBook ProのUSB入力でiTunesを使って再生した曲では、明らかに静けさと流麗さが増して聴こえることに気付き、愕然としました。そこで、自分なりに調べて、当時iTunesと連携していたAudirvānaをインターフェイスとして試してみました。音はすでにずっと良くなっていましたが、プレーヤーとして単独で使用したときに、決定的な進歩が感じられました。印象的だったのは、Audirvānaが進化するたびに、常にはっきりと音が出るようになったことです。また、Audirvānaのおかげで、音の修正よりも音楽のニュアンスや微妙なニュアンスを重視するようになりました。さらに、私のコレクションの右下の列の奥に放置していたCDも再発見しました。時間がなくて聴かなくなっていたCDの最後の曲に再び興味を持ったり、同じ作品の異なるバージョンを聴き比べたり......まさに現代のジュークボックスであり、実用的で音楽的にも優れていると思います。

他の機器と比較して、Audirvānaのパソコンリスニング体験をどのように評価しますか?

設計者のダミアン・プリソンとの話し合いで、効果的な装備をすることができました。8年経った今でも、当時選んだものとほぼ同じ原理を使っています。このコンフィギュレーションは、他のよりも格調高いコンフィギュレーションではめったに聴くことのできない流動性と音楽性をもたらします。

人との会話で話題に取り上げますか?

私はすぐに、同僚のサウンドエンジニアの多くが、パワフルなサウンドデザインや編集ソフトウェアで制作されたマスターファイルをAudirvānaで再生していることに気づきました。私たちが聞いている録音を作るために、このソフトウェアが日常的に使われていることを知れば、Audirvānaの品質レベルの高さと、ハイレベルなプロの世界での認知度がわかります。ですから、懐疑的なプロの友人たちにAudirvānaを紹介するのは簡単でした。彼らもまた、他の有名なソフトウェアを捨ててAudirvānaを選んだのですから。

音楽以外で、あなたが情熱を抱いているものは何ですか?

私は映画好きで、映像やグラフィックデザインが好きで、クリエイティブなことには何でも興味があります...また、自然観察も好きです。また、自分自身を変えることはできないので、デジタルレコーダーとSchoepsのマイクを使って、家で静かに聞きたい環境音をよく録音しています。

その他のお客様の声