高度な再生コンソール

Audirvāna プレイバック・コンソールをご利用すると、ソフトウェアの操作を完全に調整し、習慣とお使いのシステムの双方に合わせて最適化できます。 新しいダッシュボードとアプリ内アシストは、利用可能なすべてのオーディオ設定がまとめられていて、現状を正確にフォローしながら、新しいHDプロファイルアナライザーで録画のHD性を確認し、実際の完全な制御ができます。

アクティブな設定ダッシュボード

Audirvanaの新しい高度な再生コンソールをご利用するとソフトウェアを完全に調整できます。

再生プロセスの全般の技術概要をご覧できる
コンピュータとオーディオデバイスの両方のアクティブな設定の表示
すべてのオーディオプロセス段階
ダッシュボードから直接アクセスできる高度の設定変更
ウィンドウ

新しいダッシュボード上の表示:
• お使いのコンピューターに関連する設定
• 選択された出力デバイスに関連する設定
• オーディオ処理の各段階

各セクションから詳細設定ウィンドウにアクセスできます。 ウィンドウを閉じると、ダッシュボードに行われた変更が直ちに表示されます。 この重要ツールをすばやく完全制御し音楽ジャーニーを満喫できるように実装されています。

コンピューターの設定は、お使いのオペレーティングシステムによって異なる場合があります。 CPUロードならびに使用メモリは、いつでも制御できます。また、例としてWindows10で使用されるオーディオドライバーや、MacOSのSysOptimizerのステータスを変更することもできます。

利用可能な出力デバイスの設定は、お使いのシステムで共有されている情報、特にAudirvānaがデジタルオーディオストリームを送信するコンバーター(DAC)によって異なります。これには通常、入力解像度の制限や、MQAの互換性ならびに設定が含まれます。

さまざまな処理段階が、時系列順に表示されます(ロード/デコード、処理、オーバーサンプリング、リプレイ ゲイン、ボリュームコントロール、DAC入力)。 選んだ設定に応じて処理段階は必ずしもすべて実行されません。 最初の段階は「バッファリング」域にグループ化され、再生に先立つファイルのバッファリング時に、これが実行されることを表示します。 次の段階は再生中に行われるため、その場で変更することができます。

オーディオファイルアナライザー

聴いているものを信じよう!

処理の各段階で行われる変更
周波数アナライザー。

最後に、AudirvānaはHD認証システムにより、ファイルの想定解像度(すなわち、ファイル説明に含まれる解像度)と、そのファイルに含まれるオーディオデータの現実性(時には異なる)との間の整合性をチェックする。

HDサーティファイアは、デジタルオーディオ処理の主要な研究機関がこの目的のために特別に開発したアルゴリズムに基づくものです。

カスタムデバイス プリセット

ご安心してシステムを切り替えられる

自動バックアップ。
自動的に読み込みます。

包括的なアプリ内テクニカルサポート

ユーザーマニュアルで検索する必要は
ありません。アプリケーション内ですべての説明が見出せます。

オーディオ設定の各セクションにが用意されている
索引。
アプリケーションで選択された言語によるをご覧できる

取扱説明書を探すのはもうやめましょうアプリケーションの中に、必要な場所に、選択した言語で直接入っています。

まず、ダッシュボードのレイアウトは、視覚的に何が起こっているのかがわかるように設計されています。

さらに、オーディオ設定ダッシュボードの各セクションには、「情報」アイコンがあり、これらの設定の性質、異なるパラメータの意味、技術的な観点から何を行うかを説明するヘルプウィンドウを開くことができます。

不明な点は確認し、可能性をより深く理解するためにセクションごとに閲覧することができます。