専用コアプレーヤー

デジタル再生プロセスは、Audirvana独自のテクノロジーの核心にあります。 
再生中のプロセッサアクティビティを最小限に抑え、オーディオ出力に向けて最短のソフトウェアパスを使用することで、コンピューターによる音楽の出力を優先させます。過去10年間に実現された継続的な改善によって、Macとウィンドウズ双方のコンピューターにおいて、新しいカーネルストリーミングモードでデジタルオーディオ再生のベストパフォーマンスが保証されています。

専用DACアクセス

完璧なビート!
音楽との間に隔てるものは何もありません。

オーディオデバイス(DAC)への専用
アクセス
不慮のフォーマット変更を避けるために、オーディオミキサーを経由しない

アップストリーム処理

静かなバッファリング

バッファリング

再生する前にプロセッサを起動してデコーディングと
プロセッシングを実施
オペレーションが、「すぐに再生可能」なデジタルオーディオストリーム送信で最適化

カーネルレベルのプログラミング

もっとも最短のパス

エンジンは、各オペレーションシステムで許可されたもっともダイレクトな言語を使用

新世代のAppleシリコンを含めた各プロセッサに対応するよう最適化されている

新たにカーネルストリーミングモードを加えて、Windows10
のドライバー動作で比類のない透明性を実現

システムオプティマイザー

音楽にふさわしい優先度を実現

プロセッサアクセスでAudirvanaに優先度を与える
設定でダイレクトにMacOSのSysOptimizerの調整ができる
Fidelizerなどのサードパーティアプリケーションによる、Windows10における同等の機能を備える