専用コアプレーヤー

デジタル再生プロセスは、Audirvāna独自のテクノロジーの核心にあります。
再生中のプロセッサアクティビティを最小限に抑え、オーディオ出力に向けて最短のソフトウェアパスを使用することで、コンピューターによる音楽の出力を優先させます。過去10年間に実現された継続的な改善によって、Macとウィンドウズ双方のコンピューター(新しいカーネルストリーミングモード)のベストなデジタルオーディオ再生パフォーマンスが保証されるのほかアップルシリコンとWindows 11のネイティブ互換性も実現しました。

専用DACアクセス

完璧なビート!
音楽との間に隔てるものは何もありません。

オーディオデバイス(DAC)への専用
アクセス
不慮のフォーマット変更を避けるために、オーディオミキサーを経由しない

通常、コンピューター上のオーディオ再生は、一連の独立したタスクで実行されます。 受信されてデコーディングされた信号は、さまざまなアプリからのサウンドを組み合わせるオーディオ「ミキサー」を通過します。 このミキサーは、「最小公分母」の法則に沿って、オーディオサンプルの解像度を変更し、追加的な遅延を回避する低電力のアルゴリズムを使用しています。これにより品質劣化のほかに圧縮アーティファクトが加えるものとなります。

Audirvānaは、可能な限り最短の経路でオーディオデバイスにデータを変更せずに送信します(ビットパーフェクト)。そのために、内部のオーディオミキサーを迂回してデバイスに直接かつ排他的にアクセスするので、他のアプリケーションからのサウンドイベントや、音楽のオーディオフォーマットへの不要な変更を避けることができます。

実装はオペレーティングシステムによって異なります。Macでは、ミキサーを無効にするために整数計算(非フローティング)を適用してください。Windowsでは、WASAPIないしはカーネル経由の独占的なアクセスを獲得することで、フォーマットが維持されます。

アップストリーム処理

静かなバッファリング

バッファリング

再生する前にプロセッサを起動してデコーディングと
プロセッシングを実施
オペレーションが、「すぐに再生可能」なデジタルオーディオストリーム送信で最適化

Audirvanaは、トラックのオーディオデータ全般をロード、デコード、そして処理した後に、バッファメモリで再生します。

これにより再生中のプロセッサアクティビティが軽減されます。コンピューターの電源が安定するとともに、プロセッサアクティビティがCPU使用率の0.5%未満にあたるマイナス0.5%に制限されるため、音楽の再生時にジッターや信号干渉を受けません。

Audirvanaは「すぐに再生可能な」デジタルオーディオストリームを提供するため、お使いのコンバータが最適な条件下で作動します。PCM(またはDSD)ストリームは、使用されているDACの特性を考慮したうえで、デコード済みの状態になります。16ビットを超えるデータの受信が可能になるため、この水準で実行されるタスクが削減されます。 品質を最優先するAudirvānaは、処理速度と精度の妥協点を探す必要がなく、最適なアルゴリズムを用いてコンピューターの計算能力を結集することができます。

現在、ほとんどのDACは非常に高い内部周波数と低い解像度で動作しています。この変換にはオーバーサンプリングが必要です。Audirvānaは、DACの内部容量よりもはるかに高いコンピューターの処理能力を利用して、より洗練された要求の高いオーバーサンプリング・アルゴリズムを実行します。そして、補間作業を容易にするためより正確なデータを含む信号をDACに供給することができます。

カーネルレベルのプログラミング

もっとも最短のパス

エンジンは、各オペレーションシステムで許可されたもっともダイレクトな言語を使用

新世代のAppleシリコンを含めた各プロセッサに対応するよう最適化されている

新たにカーネルストリーミングモードを加えて、Windows10
のドライバー動作で比類のない透明性を実現

Audirvānaの読み取りプログラムは、排他的なアクセスに加えて、各オペレーティングシステムで許可されている可能な限り低いレベルで通信を行うため、実行される操作の数が厳密に最小限に抑えられています。

MacOSの場合、Audirvānaは常にOSの進化に対応しており、新しいAppleシリコンプロセッサを搭載した最新世代のコンピューターにもネイティブに対応しています。

Windows10では、すでに利用可能なドライバー(WASAPI、ASIO)に加えて、Audirvānaは絶対的な透明性を実現するカーネルストリーミングモードを統合しました。

システムオプティマイザー

音楽にふさわしい優先度を実現

プロセッサアクセスでAudirvanaに優先度を与える
設定でダイレクトにMacOSのSysOptimizerの調整ができる
Fidelizerなどのサードパーティアプリケーションによる、Windows10における同等の機能を備える

MacOSでは、Audirvānaは、プロセッサのアクセスよりもアプリに与えられる優先度を管理することで、品質と再生速度を最適化することができます。

SysOptimizerツールは、オーディオ設定に直接アクセスして設定することができます。

Windows 10においては、アプリケーション外でFidelizerなどのサードパーティツールをご利用して実行することもできます。