専門家の声

シリル・ボッリ(Cyril Borri)

ライブ専門のサウンドエンジニア
マワジーン(Mawazine)やニース・ジャズ・フェスティバル(Nice Jazz Festival)などのフェスティバル、フィルハーモニー・オーケストラ、スターマニア(Starmania)やノートルダム・ド・パリ(Notre Dame De Paris)などのミュージカル、ジャン=ミッシェル・ジャール(Jean-michel Jarre)、インドシン(Indochine)、ミシェル・サルドゥ(Michel Sardou)、フローラン・パグニー(Florent Pagny)、フランス・ギャル (France Gall)、ヴェロニク・サンソン(Véronique Sanson)、クリストフ(Christophe)などの有名アーティストのために、何百ものショーやコンサートに参画し、管理してきました。アビテッチ(UBITECH)とアーケーリャ(ARCALYA)のトレーナーを務めています。

クオリティにフィーリングの感じられる、真の違いを体験しました。

私自身の発見をバートランドにシェアすると、彼も私の印象に同意してくれました。

以来、忠実にAudirvanaを使用し続けています。   

インタビュー

シリル、あなたは自分の職業をどのように定義しますか?

私はライブ、ツアー、イベントのサウンドエンジニアです。30年間の経験を積んでいたので、今日ではショーのサウンドシステムの設計や全体の管理、コンサートのフロントオブハウスのミキシングなど、あらゆるレベルで参画することができます。私の仕事は、観客とメッセージを伝えたい人の両方にサービスを提供することです。そのメッセージをできるだけ広く、忠実に伝えられるようにしなければなりません。10代の頃、プエルトリコに関係するニュースが報道される直前にテレビで放送されたグロリア・エステバン(Gloria Estefan)のコンサートに心を奪われました。突然、この素晴らしいショーから発せられる喜びとこの国の酷い生活状況との対照的なところで、私はショーの力を理解し、このマジックに参加したいと思うようになりました。もし何らかの形でそれに携わることができればそれこそ相当凄いことだと思いました。私は何もかも忘れて楽しそうな観客を見つけることにいつも感動しています。

あなたの人生において、音楽を聴くことはどのような役割を持っていますか?

私はライブ、ツアー、イベントのサウンドエンジニアです。30年間の経験を積んでいたので、今日ではショーのサウンドシステムの設計や全体の管理、コンサートのフロントオブハウスのミキシングなど、あらゆるレベルで参画することができます。私の仕事は、観客とメッセージを伝えたい人の両方にサービスを提供することです。そのメッセージをできるだけ広く、忠実に伝えられるようにしなければなりません。10代の頃、プエルトリコに関係するニュースが報道される直前にテレビで放送されたグロリア・エステバン(Gloria Estefan)のコンサートに心を奪われました。突然、この素晴らしいショーから発せられる喜びとこの国の酷い生活状況との対照的なところで、私はショーの力を理解し、このマジックに参加したいと思うようになりました。もし何らかの形でそれに携わることができればそれこそ相当凄いことだと思いました。私は何もかも忘れて楽しそうな観客を見つけることにいつも感動しています。

"コンピューターの内部処理の影響を確信してAudirvanaを購入してみた"

サウンドのクオリティにどの程度の注意を払っていますか?

私の仕事は音を取り扱っています。私は耳を傾け、何が間違っているかに注意を払い、一連の各要素を慎重に選択して実行することを学んできました。しかし、ライブショーの世界は、場合によって譲歩することがたくさんあります。コンサートにおいて音は、一つの要素に過ぎないが、確かに重要な要素でありながら常に優先されるわけではありません。現今、照明や要求が高まっているビデオ撮影などの要件を調整しなければなりません。その結果、特にスピーカーの配置やステージ前のミキシング位置がいつも最適であるとは限りません。イベントや観客などに応じてショー中にリアルタイムでサウンドを調整することが重要だが、それらは時々間違った場所に配置してしまう結果になります。例えば、ホールのバルコニーの下に配置させられるケースがあります。そこで我々はできるだけの補償措置をとるが時々イライラすることもあります。幸いにも今日の技術は我々に素晴らしいツールを提供してくれています。実際、私は過去30年以上にわたって、デジタル革命によって作られた驚くべき製品を経験した世代の一員であります。私たちが使用するすべての機材は、大きな進歩を遂げています。

いつからAudirvanaを使用していますか? Audirvanaを見出した時、どのように感じましたか?

そのきっかけは、iTunesの使用に対する欲求不満の高まりでした。私はオンラインで解決策を探し始め、すぐに買わなかったがAudirvanaを見つけました。私は一般的にサイコアコースティクスという現象に十分な注意を払っていると言わざるを得ないが、宣伝文句に影響を受けて変革などが聴こえると信じさせることがあるからです。その直後、音のプロの友人ベルトラン・シャテネット(Bertrand Chatenet)氏が、私にプレビューとiTunesのオーディオアルゴリズムがMacでは違うことを指摘してくれました。その結果、私はコンピューターの内部処理の影響を確信してAudirvanaを試した後に購入するにしました。私は、より質的な感覚で本当の違いを聴くことができました。この発見をベルトランに伝えたところ、彼も私の感想を賛同してくれました。それ以来、私はAudirvanaを信頼し続けています。   

他の機器と比較して、Audirvanaのパソコンリスニング体験をどのように評価しますか?

今日、コンピューターは放送において中心的な役割を果たしています。 それは私の職業において重要かつ不可欠なツールにもなりました。 それを使って何でも聴くので、もはや本当の専用音源などもう要りません。 私はイベントの要件に反応的に適応するため常にAudirvana を使うことができません。例えば、変動機能を考慮して キューラボ (Qlab)やエイブルトンライブ(Abbleton Live)、その他のソフトウェアを強制的に使わざるを得ません。

人との会話で話題に取り上げますか?

そうしています。もちろん毎日ではありません。しかし、誰かが私に何を使っているのか或いは特にiTunesの代替品は何かと聞かれたらすぐに、Audrivanaをお勧めします。

音楽以外で、あなたが情熱を抱いているものは何ですか?

私は限られた人生の時間を大切に過ごしたいし、息子に少しでも多くのことを共有できるように心がけています。そして、水辺に住んでおり、いろいろな水上活動もやっています。

More TESTIMONIALS