専門家の声

ピエール・ジャコ(Pierre Jacquot)

サウンドエンジニア

ピエールは、レイ・チャールズ、スティーブ・ルカサー、ピーター・ガブリエル、フィル・コリンズ、ディープ・フォレスト、リチャード・ガリアーノ(JAZZ IN MARCIACやNRJ MUSIC AWARDSのサウンド・スーパーバイザー)などと仕事をし、アビー・ロード・インスティテュートやラジオ・フランスでコンサルタントや講師を務めています。

Audirvānaを発見したとき。

最初は私のMacintosh、そして

私のPCの状態が変わっただけです。

インタビュー

ピエール、あなたの職業をどのように定義しますか?

情熱的な職業は、すべてを侵してきましたが、私の子供の頃の夢にも触れさせてくれました。私の "音楽的ヒーロー "のほとんど全員と、ステージやスタジオでコラボレーションするという特権を持っています。今日では、アビー・ロード・インスティテュートやいくつかの大学といった一流の教育機関で、この分野を教える機会もあります。

あなたの人生において、音楽を聴くことはどのような役割を持っていますか?

もちろん、重要な役割です。私の世界は、美しい音楽の音を中心に回っています。また、私にとってリスニングには2つの異なるタイプがあります。プロフェッショナルなリスニングは通常、スタジオで行われ、気が散らないように非常に接近して聴く必要があります。一方、オーディオマニア向けのリスニングは、家族が寝静まった自宅のサウンドルームで、ゼンハイザーのHD800Sヘッドフォンを耳にしながら行うことが多いですね。

"未来のトップ・サウンド・プロフェッショナルにとっては、その質問は必要ないでしょう..."

サウンドのクオリティにどの程度の注意を払っていますか?

私は、音のプロフェッショナルとして、私たちはある程度、その完全性を保証する立場にあると考えています。何週間も何ヶ月もかけて作ったアルバムが、この点に関してあまり良心的ではないプラットフォームで劣化したバージョンで聴かされるのは、とても悔しいことです。これは、私たちが生徒たちに伝えようとしている最初の原則の1つである「品質の要求」です

Audirvānaを使い始めてどのくらいになりますか?発見したときはどう思いましたか?

私がAudirvānaに出会ったのは5年ほど前です。それまでの私は、どんなに実用的であっても、コンピュータを使って質の高いリスニングをすることはできませんでした。Audirvānaを発見したとき、最初はMacintosh、次にPCの状態が変わりました。高品質の外付けコンバーターを装備して、私のお気に入りのリスニングプラットフォームになりました。

Audirvānaを使ったパソコンでのリスニングは、他の機器と比べてどうですか?

現在、私が音楽を聴くときには、高性能なDACを搭載したパソコンと大型のオーディオプレーヤー以外はほとんど使いません。

人との会話で話題に取り上げますか?

私は生徒たちに、iTunesやYouTubeで聴くのをやめてほしいと頼んでいます。コースの最初の段階で、市場に存在する4つか5つの可能性を「ブラインドテスト」で比較させるのは、もはやゲームのようなものです! 必然的に...私たちは何度もAudirvānaを選びます。その理由は、メディアの品質に関わらず、ディフュージョンの明瞭さと透明性、電源ノイズによる干渉のなさ、そして議論の余地のないスペクトルと地理的な深さにあります。もちろん、高解像度の本物のソースがあれば...デモはさらに効率的になりますよ。これからのトップサウンドのプロにとって、この問題は問うまでもないでしょう。

音楽以外で、あなたが情熱を抱いているものは何ですか?

私はバイカーであり、飛行機のパイロットでもあります...そう...飛行機に乗る時間があるときはね(ますます稀になりましたが!)。

その他のお客様の声