専門家の声

フィリップ・テシエ・デュ・クロ(Philippe Teissier Du Cros)

サウンドエンジニア・プロデューサー

Victoires du Jazz 2018 Best Sound Engineer of the Yearを受賞-1,500枚以上のアルバムに協力し、その多くがVictoires de la Musique、BBC Awards、Schallplattenkritik of the Year、NRJ Awardsを受賞しています。パリ国立高等音楽院の教授。

Audirvanaについて 02

分析し、比較し、確認し…

今では、音楽を聴き、特に自分の作品を完全に

自信を持って判断するための常套手段になっています。

Audirvanaについて 03

インタビュー

フィリップは、自分の職業をどのように定義していますか?

音楽への情熱からこの職業を選び、約40年間音楽を追求してきました。アコースティック・アンサンブル、特にジャズのレコーディングに多く携わってきました。「リアルを再構築する」のが好きです。忠実な録音は、美しい音響で目の前で演奏される楽器を聴く体験に比べれば退屈なものなので、あまり意味がありません。もちろん、人それぞれのスタイルがありますが、個人的には音楽を尊重しながら自由に使える技術や道具を使って、空間を再構築するのが好きですね。私の仕事は、アーティストのプロジェクトにベストを尽くすことです。自分が参加したレコードを改めて聴いてみると、結果の美しさと手段との間に明確な関連性はないことがわかります。失敗を避け、成功を保証する確かな道筋がないのです。これまで、超近代的なスタジオや超老朽化したスタジオ、または豊かな都市や貧しい国、自然の中、大都市あるいは小さな村で仕事をした経験を持っています。世界中で仕事をしてきました。だから、物事を考慮し、常に本質的なものを手に入れるようにしてアーティストを尊重しながら、彼らの芸術のみならずそれに絡む経済的な事情を学んできました。

音楽を聴くことは、フィリップの人生においてどのような役割を担っているのでしょうか。

音楽を聴くことは、フィリップの人生においてどのような役割を担っているのでしょうか。

一番の優先事項です!

「Audirvānaのオーバーサンプリングのおかげで、私のマスターマシンよりも多くの音を聞くことができます」

PTDC

音質にどの程度の注意を払っていますか?

音は、我々が作るレコードの実体です。そのため、私たちの仕事に対する要求は、すべてのディテールとすべての微妙なバランスを聴き取り、それらを組み合わせて美を追求する能力にかかっているのです。美しい音というのは、「音の演出」を自然なものとして尊重しつつ、創意工夫や想像力、人工性などを通して崇高なものにできるというように考えています。音楽の世界に生きているが、自宅で「レコードの真実」あるいはそれから発信しているオーディオメッセージを聴くように、音響機材の改善を常に追求しています。音楽ファンのリスニング条件がどうであれ、必ず何か感じ取れるもの、感動できるものがあり、それがこの条件の結実であると確信しています。だから、常に好奇心を持ち続け、オーディオにおける音響的、電子的な革新にオープンでありたいと思っています。

Audirvānaを使い始めてどのくらいになりますか?発見したときはどう思いましたか?


エンジニアの友人で音楽ファン、アマチュアピアニストが「これが解決策」と紹介してくれて以来、Audirvānaを愛用しています。すぐに「すごい!」と思いました。そして、分析し、比較し、確認し… 今では、音楽を聴き、特に自分の作品を完全に自信を持って判断するための常套手段になっています。超シンプルで実用的な方法で、安心して聴くことができ、システムが完全に透明であることを知り、私だけが改善できることを知ることができます。

Audirvānaでパソコンから聴くことを、他の機器と比較してどのように評価されているのでしょうか?

Audirvānaは、前のバージョン以来、もう一歩前進したと思います。AESでDACとアンプに接続したNagraと、USBで同じDACに接続したAudirvānaを使ってコンピューターで再生したデジタルファイルから、同じサウンド結果を得ることができることに気づかされました。最近では、Audirvānaのオーバーサンプリングのおかげで、このオプションを提供していない私のマスターマシンよりも多くの音を聞くことができます。素晴らしいことです!

Audirvānaについて、人に話をすることはありますか?

はい、同僚やミュージシャンに、そして何よりも、講師を務めるという大変光栄な「サウンドプロフェッショナル養成講座」の一環として、パリ国立音楽舞踊学校の学生たちに...彼らに、USBキーとノートPCで個人の作品を聴くための最高で簡単な方法、Audirvānaを体系的に紹介するんです。音質の保証人であること、MP3の使用を決して矮小化しないことが重要であること、コンピューターからの透明性という最高の条件でリスニングを教育しなければならないことを、彼らに思い出させることが私の義務だと感じています。

音楽以外で情熱を注いでいることは何ですか?

読書、芸術全般、建築やデザインに積極的な情熱を持っています。音を扱うように形を扱う、エキサイティングです!もちろん、大切な友人たち、そして、私の無知を親切に教えてくれる情熱的な人たち。

その他のお客様の声