専門家の声

角内一成

Ohme名義で活動するDJ 、作曲家
彼のトラック「Medicina」は、コンピレーション「Buddha bar」(2019年)に収められています。現在は、ストーン エイジプロジェクトに参加しています。
東京のクラブでサウンドエンジニアを務めるほか、 DJとプロデューサーに向けて発信される「スタジオ翁」ブログの編集を手がけています。

私は、2年前からAudirvanaを使用しています。

それ以前は、他社の従量課金プレーヤーを使っていました。

使い始めてすぐに、解像度の違いに驚かされました。

インタビュー

角内さん、あなたは自分の職業をどのように定義しますか?

サウンドとマスタリングの仕事全般をしています。最近はストーンエイジプロジェクトでイベントや音楽のリリースに力を入れています。

あなたの人生において、音楽を聴くことはどのような役割を持っていますか?

「良い音を届ける」ということを仕事にしているので、僕自身の音楽体験がそのまま仕事の結果として返ってきます。なので、常に「良い音」「良い音楽」「良い音楽体験」を追求しています。

「使っているパソコン上で、さまざまなオーディオプレーヤーを試しましたが、Audirvanaが一番気に入っています。」

サウンドのクオリティにどの程度の注意を払っていますか?

音響やマスタリングの仕事をしていることもあり、僕にとって良い音で音楽を聴くことはとても重要なことです。好みの楽曲を分析する際など、いい音質であればあるほど、その楽曲にはどんな要素が含まれているのか, どういったミキシング・マスタリングの処理がされているのかを知る手掛かりが増えます。あと単純に、良い音で大好きな曲が聴けると、めちゃくちゃテンションが上がります。

いつからAudirvanaを使用していますか? Audirvanaを見出した時、どのように感じましたか?

Audirvanaは2年ほど使っています。それまでは別の有料プレイヤーを使っていたのですが、最初はその解像度の違いにビックリしました。明らかに今まで聴こえていなかった音が聴こえるようになったので、音楽制作や音響現場などで非常に役に立っています。音楽を聴くのも今までより楽しくなりましたね。

他の機器と比較して、Audirvanaのパソコンリスニング体験をどのように評価しますか?

普段はパソコンを使用して音楽を聴いているので、僕はピュアオーディオの世界をあまり知りません。もちろん100万円のCDプレイヤーを使えばとんでもなく良い音がするのは知っていますが、「パソコン + Audirvana」でもかなり質の高い音楽体験ができます。オーディオ専用機器はこだわりだすとキリがなく、僕はオーディオ機器よりもシンセサイザーやミキシング用機材にお金をかけたい人なので、限られた予算の中で良い音質を求めるのならAudirvanaは素晴らしい選択肢だと思います。

人との会話で話題に取り上げますか?

音にこだわりを持っている人には、Audirvanaを勧めています。スピーカーやオーディオインターフェースを変えようとすると何十万円もしますが、iTunesをやめてAudirvanaにすれば簡単に音が良くなりますからね。今までいろんなパソコン用オーディオプレイヤーを試してきましたが、Audirvanaは一番のお気に入りです。

音楽以外で、あなたが情熱を抱いているものは何ですか?

音楽以外には「読書」「ヘルスケア」「お酒」などに興味があります。「どうすればもっといい音楽が作れるのか」「どうすればもっとアイデアが浮かぶのか?」といったことを常に考えているので、読書やヘルスケア(サプリメント, 瞑想, サウナ, ランニングなど)を通して、人間の能力を最大化する方法を日々探究しています。

ビールや日本酒も大好きで、いろいろな場所で飲んでもいいものを探しています。お酒は、適度に飲めば音楽が気持ちよく聴こえたり楽しい気分になったりするので、普段からよく飲みます。

More TESTIMONIALS