ユニバーサルHDワイヤレス接続

AudirvanaのユニバーサルHDワイヤレス接続は、クオリティをそのままに保ちながら、ワイヤレスでお使いのシステムに音楽をストリーミングすることができます。 弊社のソフトウェアは、世界各国で70億のデバイスにインストールされているユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)プロトコルを使用しています。 お使いのシステムと互換性を有する場合は、ネットワーク上で利用可能なオーディオデバイスリストから選択できます。Audirvanaを介して快適に音楽を視聴できるようになります。

ワイヤレスで完璧

ネットワーク上で、UPnP(またはDLNA)と互換性のあるデバイスを自動的に検出

 ギャップレスな遷移とシークを含めたオペレーションプロトコル

「コントロールポイント」とアドホック「メディアサーバー」

Audirvanaの接続は、品質をそのままに保ちながら、お使いのシステムに音楽をワイヤレスでストリーミングできます。

お使いのシステムと互換性を有する場合は、利用可能なオーディオデバイスリストに表示されます。ここから選択することで、音楽を視聴できるようになります。 これはもっとも広く使用されているプロトコルであり、独占的な自社プロトコルではありません。

ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP / DLNA)の名で親しまれ、世界各国の70億のデバイスで利用されています。

オープンで完全にスタンダードなシステムとして、コンピューターネットワーク(Wi-Fiワイヤレス接続、イーサネット、PLCケーブル接続)を介して、データ損失のない送信を保証します。 この共通言語によって、デバイスとプログラム間の通信が可能になり、一部の変更のためにシステム全体を変更する必要のないためユーザーにとって最大のアドバンテージと
なります。  

この構成では、音楽を変換して再生する「メディア レンダラー」が、お使いのコンピューターの「コントロールポイント」制御下にある「メディアサーバー」からファイルをフェッチします。 Audirvanaは、ファイルのアップストリームにおけるデコーディングに際し、コントロールポイントとアドホック メディアサーバー両方の機能を果たします。すなわちレンダラーによってファイルプロバイダーと見なされることによって、再生のアップストリームに要される動作を実行する
ことができます。

UPnP接続時のレイテンシは、USBの場合よりも高くなります。 したがって、内部デジタル音量コントロールの使用や
プラグインでのリアルタイム イコライゼーションといったリアルタイム調整の一部が行えなくなります。